足跡

ある人が、ある夜、夢を見た。

海辺を、主とともに歩いている夢だった。

大空に、自分の人生のいろいろな場面がつぎつぎにあらわれた。

その一つ一つの場面には、2組の足あとが砂浜にくっきりときざまれていた。

その一つは自分自身のもの……もう一つは、主のものだった。

最後の場面があらわれたとき、彼はそれまでの人生のいっさいをとおして、

砂に残っている足あとをかえりみた。

そして、気がついたのは、

人生のいろいろな場所に、足あとが一組しかないことだった。

そして、さらに気づいたのは、

それが、彼の思い出のなかで、一番悲しいときだったことだった。

これを見て、彼の心は大いに悲しみ、主にたずねた。

「主よ、

 私があなたについて行く、と決めたとき、

 あなたは、私と一緒に、

 ずっと終わりまで歩いてあげよう、とおっしゃってくださいました。

 それなのに、私がここまで生きてきたあいだ、

 一番苦しくさびしかったとき、

 足あとが一人分しかないではありませんか。

 私があなたを必要としていたとき、

 あなたはいったいどうして私を一人ぼっちになさったのですか。

 私にはあなたがわかりません」と。

主は答えられた。

「私のたいせつなたいせつな愛する子よ、

 私は、あなたを愛しています。

 決してあなたを一人ぼっちにはしません。

 あなたが試練にあい、苦しんでいるとき、

 あなたが一人分の足あとしか見えないという、そんなとき、

 私は、あなたを背負って歩いていたのです。」